お問い合わせ・資料請求はこちら

品質管理について

  • TOP
  • 品質管理について

すべてのお客様の安心のために高品質住宅を保証する「ハイクラス検査」を実施しています

ハイクラス検査とは

  • 最低10回、700箇所を超える国内最高レベルの検査 詳しく見る
  • すべての検査結果が保存されいつでも閲覧可能 詳しく見る
  • 将来的なリフォームや売却時に有効的 詳しく見る
陽の木ホームでは、住宅の高品質を証明する、国内の住宅検査機関の中でも最高レベルの「ハイクラス検査」を導入しています。
着工からお引渡しまでの最低10回、700箇所を超える検査を第三者機関の一級建築士及び二級建築士が実施。
検査内容はすべて撮影しコメントと共に工事完了後に「住宅検査報告書」としてお客様にお渡ししております。

第三者による徹底した住宅検査

・700箇所を超える検査項目すべてを第三者機関である有資格者が撮影し残します
・様々な建築工法を熟知し、機関独自の検査マニュアルによってバラつきのない検査体制を実現
・現場での検査だけではなく、撮影した写真をほかの検査員がチェックすることで、検査の見落としがないように徹底
・検査員は年に3回検査員講習を受講し、検査の質の向上にも努めています
・全国で起きたトラブル事例などの情報をすべての検査員が共有し、すべてのトラブルに対応
・建築基準法とは別の独自の基準を設けて、より良い家づくりに貢献している検査機関です

検査回数

ハイクラス検査では、10回の現場検査を基本としています。
検査員が必要と判断した場合、それ以上の現場検査を自発的に行いますが、もちろん別料金は発生しません。

検査資格

一級建築士及び二級建築士の有資格者が検査を行います。

重複検査

検査員一人の判断ではなく、検査した写真をもとに2重3重の検査を行います。
検査ミス防止や検査クオリティを保つために重複した検査を徹底しています。

着工からお引き渡しまで全工程を細かく検査

検査員一人の判断ではなく、検査した写真をもとに2重3重の検査を行います。
検査ミス防止や検査クオリティを保つために重複した検査を徹底しています。

WEBで半永久的に閲覧可能

工事期間中の検査の状況は、WEBでいつでもどこからでも閲覧が可能です。
工事完了後についても検査報告書に加えて、半永久的にWEBで検査結果が閲覧いただけます。
また、必要な書類等もダウンロード・プリントアウトしてご利用いただくことが可能です。

「工事完了後の報告書が発行されるまで検査の状況は分からないの?」
「長期出張で建築中の状況を頻繁に見に行くことができない」

といったお客様の声に100%答えることができます。

大きな写真を使った見やすい住宅検査報告書

検査を行った全ての物件は工事完了後に「住宅検査報告書」を発行しています。

「住宅検査報告書」には工事中の検査箇所をすべて表示し、物件データや評価について分かりやすく記載されています。(物件名や工務店名を貼って撮影しますので不正写真ができません。)
「住宅検査報告書」があることで、将来的にリフォームや売却等する際にも、家の安全性の証明にもなり、家がどういう風に作られてきたかという歴史が分かるのでとても有効的な資料になります。
さらに、WEBでも報告書は閲覧が可能。設計図書や点検履歴も保存が可能です。
年数が経っても必要な書類をダウンロード・プリントアウトしてご利用いただけます。

家歴システムで様々なデータを保管

各物件には「家歴書」というシステムが設置されています。
この「家歴書」は200年住宅と言われる、国土交通省推奨の「長期優良住宅」に対応するシステムで、設計図書や住宅設備の保証書、取扱説明書など、その物件に関わるあらゆるデータを保管することができます。

担当者や物件のオーナーが変わっても、物件の資料はWEB上に半永久的に保管され、いつでも閲覧することが可能です。
  • 保証制度について
  • 家作りへの思い
  • ハウジングコーチについて
お問い合わせ・資料請求