お問い合わせ・資料請求はこちら

通気断熱WB工法

  • TOP
  • 通気断熱WB工法

家族が一年中快適に過ごすことができるように陽の木ホームは「 呼吸する家 」をつくっています

四季に合わせて通気が変化する家

現在、日本の住宅は高気密・高断熱の工法が主流とされています。
高気密・高断熱とは部屋の中の空気を密封させ、冬は暖かい暖房の空気、夏は冷房により冷やされた空気を閉じ込め省エネを図るというものです。
しかし、この呼吸をしない密封された空間がシックハウス症候群の原因となる有害物質を閉じ込めたり、結露によるカビを発生させるなど、数々の問題を引き起こしているのも事実です。

そこで、空気を密封させずに呼吸する家をつくる工法、「通気断熱WB工法」が誕生しました。
夏は無駄な熱を排出させ、冬は暖房で暖まった空気が逃げないよう通気を切り替えることができる。そのため、四季を通して快適に過ごすことができる。

また、気管支呼吸のように壁の中に空気を通し、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出する。
この二つの呼吸で室内の有害物質を排出し、クリーンな室内環境を造りだすこともできる。

住む人の健康を考えた家づくり、それが「通気断熱WB工法」なのです。

通気層+形状記憶式自動開閉装置を利用

通気断熱WB工法は、2つの空気層と形状記憶式自動開閉装置を利用し、夏と冬で自動的に空気の流れを切り替える仕組みです。
換気口の開閉は熱感知式なので電力を使用することはありません。
自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要な仕組みです。

*熱感知式形状記憶合金とは・・・チタンとニッケルを合わせた合金で、耐久性に優れており、
錆びることがないためどの地域でも安心してご利用いただけます。

通気断熱WB工法にするメリット

  • Merit1

    エアコン省エネ効果
    通気断熱WB工法では、壁の中に空気を通し湿気を排出するため、夏は室内の湿度が低く抑えられ、自然に起こる上昇気流が無駄な熱も排出してくれるので、冷房に使う電力を減らすことができます。
    冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで断熱性を確保しているので、暖房に使う電力も減らすことができます。
    環境にも優しく人も過ごしやすいのが特徴です。
  • Merit2

    健康に暮らせる
    シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドは家具や建材から発生する発がん性物質です。
    通気断熱WB工法では機械換気をしなくてもホルムアルデヒドが湿気とともに壁の外へ抜けるため、安心して暮らすことができます。
    高気密・高断熱の室内では、ホルムアルデヒドが室内にこもり濃度が下がっていく事はありません。このような状態ではシックハウスの危険性があるため、24 時間換気を常に回しておく必要がります。
  • Merit3

    湿気やニオイがこもらない
    空気を密封させずに家が呼吸する通気断熱WB工法では、室内の臭いも湿気とともに壁を透過して屋外に排出されます。

    そのため、室内でペットを飼っている場合でもペットの匂いが少ないと言われています。

高気密・高断熱工法との違い

  • 通気断熱WB工法
  • 従来工法
  • 暖かい空気を閉じ込めておくことができるため
    冬でも断熱性を確保できる
  • 通年空気を密封させるため
    暖房の空気も室内に閉じ込められる
  • 無駄な熱が自動的に排出されるので
    夏でも過ごしやすい
  • 密封された空間では暑く湿度も高いので
    エアコンを強める必要がある
  • 室内で発生した余分な湿気は壁を通し家の外に
    抜けていく構造なので結露対策にも極めて有効
  • 呼吸のできない材料で覆われているため
    多湿によって結露が発生する
  • 自然の通気の流れと壁の透湿作用で湿気がこもらずカビ・ダニの発生も抑えることができる
  • 湿気やホルムアルデヒド等を閉じ込めてしまうためカビやダニが発生しやすい
  • 自然の通気の流れと壁の透湿作用で化学物質は
    湿気とともに壁の外へ抜け出る
  • 非透湿高気密のため化学物質は室内にこもりやすく、24時間換気を常に回しておく必要がある
  • 通気の流れで生活臭も壁を通し
    家の外へ出すことができる
  • 非透湿高気密の室内は臭気の逃げ場がないため
    24時間換気を常に回しておく必要がある
  • 断熱材・壁材について
  • 使用する建材
  • 品質管理について
お問い合わせ・資料請求